Pinned toot

オリンパスの今後の展開(かなりキツめ) 

"カメラはシステム"と昔はよく言われていたな。今は"エコシステム"と個人的には思っているけれど。

そういう環境をメーカーだけではなく、ユーザーも作っていかないとダメなんだろうな。もちろんメーカーがマーケティングや仮説を持って商品を投入してくることは必要だけれど、それを受けてユーザーが適切にフィードバックして、時にはメーカーの方向性を変えさせるくらいのことじゃないと、このご時世カメラに限らずどんなに有名なメーカーでも行く末は同じなのかもしれない。

もちろん、個人が出来ることなんてたかがしれているし、ITの世界だってようやくそういう方向性になってきたばかり。物作りの世界だともっと難しいんだろうな。

ただ、批判ばかりして、ある日批判先がなくなる、なんていうカメラの世界は見たくないかな。
エコシステムの構築はムリでもサポートに何か貢献できれば、写真好きとしてはそういう世界に少しでも近づければと思う。

結論:手っ取り早くカメラとレンズを新品で買え。

Show thread

オリンパスの今後の展開(かなりキツめ) 

いずれにしても、黒字化のめどを立てる必要があるので、現行ラインナップに手は入るのだろうなぁ。。。

こうなったのは、我々が新品を買わなくなってしまったこともあるわけで、かといって今更遅いところもあるわけで、もう仕方の無いことなんだろうな。

時計の針は戻らないんだ。

Show thread

オリンパスの今後の展開(かなりキツめ) 

フルサイズやAPS-Cに移行という話はならないと思います。贅肉(赤字部分)を落として、筋肉質な体質にするのでは?

となるとラインナップの整理だと思います。
・複数世代の併売は停止。
・PENシリーズは1種類で、入門や女性向け。
・OM-Dシリーズは中級(5シリーズ)と上級者(1シリーズ)の2機種。
・レンズは特に標準ズームレンズの整理。単焦点はやや広角(35)よりと標準(50)、マクロ(60, 120)、ポートレート(90)、超望遠(300 メーカーの威信のために必要)意外を縮小。

ここまでやるかは分からないけれど、ミノルタの末期の姿を見ていると、これぐらいやらないとシェアをとれても生き残れないと思ってしまう。

また、センサーの高画素化がどこまで出来るかかな。一般消費者向けに1600万画素とかもう説得力が無い。他のメーカーが2000万画素後半からになっていることと比較しても。
特定カテゴリ向けとして、防塵防滴を強化するという方法もあると思う。ただ、これはよりニッチな方向に進むため、優先順位は低いような気がします。

マイクロフォーサーズの今後 

マイクロフォーサーズはコンソーシアム形式だから、すぐにはなくならないはず。
ただし、リーダーシップをとる企業が減ったのは事実。

オリンパスは黒字化にめどがついてから譲渡するとしているので、引き続き規格は残るものと思います。

そうなると、新会社がどこまで引っ張っていけるかになるかと思いますが、これにはパナの協力が必要なわけで、パナがどう動くかによると思います。

パナは8Kに向けてSラインの強化を行っているので、マイクロフォーサーズからは徐々にフェードアウトしていくでしょう。現在は全体におけるシェアもないようですので、高付加価値ラインに移動せざるを得ません。

そうなると、今のようなコンソーシアムメンバーを維持することが難しくなり、徐々に消えていくのではないかと勝手に予想します。

二つのマウントを維持するなんていくつの企業がアナウンスしてきましたが、単なる方便だと思うことも背景にはあります。

そういう意味だと、Aマウントもなかなか。
MINOLTA -> KonicaMinolta -> SONY

ミノルタもコニカに救済してもらったようなものだし(でも、死んだのはコニカ系のカメラか)、SONYになった今は殺されたようなものかな。

もうカメラで喰っていけるところなんて4~5社程度だろうし。それだって多いのに。
どの企業が生き残るのかな。。。個人的にはソニー、キヤノン以外はどこも可能性としてはあると思っているけれど。。。

カメラ、写真。なにかプラットホームとかサービスとか作っていきたいとは思う。
何が良いのか、何が生き残れるのか真面目に考えたことがない。

何をやれば良いのかなぁ???

ちなみに、この互換バッテリーを使ってみた。

1ヶ月ぐらいカメラに入れっぱなしで使っていなかったのだけれど、撮影しようとしたらすぐにバッテリー切れになってしまった。

やっぱりそういうことかな。

Show thread

昔はヤフオクで中古のレンズなども買っていたけれど、今はそれ以上に個人での出品が簡単になったろうからな。
玉石混淆とはよく行ったもので、母数が増えれば絶対的な石は増える。

品質を担保するためのコストをどう考えるかだけれど、それを知らない人にはある意味、酷な話でもあるか。
このあたり、カメラに限らずリチウムイオンバッテリーとかにも通じる話かな。

クレーンは好きな被写体だと最近気がつきました。

KAIさんのキレッキレの建造物写真。青空もあって、この時期はいつにもまして見ていてスカッとする。

世間一般では、今日はボーナスの日なんだ。

みんな経済を回しているなぁ・・・

来月からヤフーショッピングのポイント還元が改悪になるので、今月中になにか買いたいとは思っていたけれど、衝動買いするとは思わなかった。

テッセンとノボタンかぁ。
鉄線の写真は特に好み。

芽吹く頃

ここ数ヶ月、写真をアップロードしていなかったな。。。

Show more
photodn.net

写真やカメラ関係の マストドン 日本国内インスタンスです(TwitterライクなSNSサービス)